イキイキ生活応援プロジェクト じぶんリフレッシュ!

監修
産業ソーシャルワーカー

皆月みゆきさん

一般社団法人産業ソーシャルワーカー協会代表理事、武蔵野大学しあわせ研究所客員研究員。マーケティングプロデューサーとして活動後、2013年に産業ソーシャルワーカーの団体を結成。著書に『働き方改革 個を活かすマネジメント』(共著・日本経済新聞社)がある。

  • 家事代行で子供との時間を作る
    • 日々の家事に加えて、小さなお子様がいるご家庭では洗濯物や離乳食の準備も大変。こどもとの時間を大切にしたいけど毎日大忙し。そんなときは家事代行サービスを利用して、こどもとの時間を作りましょう!!
  • 託児所付きサービスで自分の時間を作る
    • こどもは可愛いけれど毎日のお世話は誰だって大変。時には託児所付きのサービスを利用して、パパママも自分の時間を過ごしてはいかがですか?お子様もご両親以外の方と接するよい機会にもなります。
  • 食事を通して会話を広げる
    • こども味覚は大人の3倍敏感ともいわれています。同じものばかりではなく色んな食材を一緒に食べて、味覚の発達を促しながら、好き嫌いも減らせるようにしていきましょう!

家族で食事に行って新しいものに出会うこどもの姿が新鮮です。色んなものを食べて好き嫌いない子に育ってくれるといいですね。

家事代行って手を抜いているみたいで嫌だったんだけど、スタッフさんの「お子さんと遊ぶ時間を大切にしてください」という言葉に心も体も救われました!

仕事ばかりで父親らしいことが出来てないかと思っていましたが、親子体験に参加して「パパすごい!」と言われて嬉しかったです。こどもの成長も見れてよい機会になりました。

パパとママが笑顔だとうれしい。よくお話にくるお姉さんは、ぼくだち兄弟の夢を応援してくれるよ。パパとママも、お姉さんも大好きなんだ。

初めてのこどもにわからないことが多く不安もあったけど、プロに相談することで、一人じゃないって思えました。今では家族みんなで協力して子育てしてます。


タスクを書き出して 優先順位をつけよう

子育てや家事に悩んだときは、仕事のタスク管理表のように「やることリスト」を箇条書きにしてみましょう「すぐやること」と「後回しでもいいこと」の優先順位をつけていくと、不安やストレスでいっぱいだった頭の中も整理されてくるはず。さらに「これは自分で出来る」と 「人に頼るとラクになる」ことを仕分け、上手にサービスを利用しましょう。元気に長く働き続けるには、無理をしないことが大切です。

※一拠点のサービスや地域限定のサービスもありますので利用の際は予めご確認ください。