介護について考えよう

TOP > 介護コラム

車いすから床への移動

 敷布団で生活している方で足腰が弱っている場合、畳と車イス間の移動を介護することがかなり難しくなります。今回は、これまで積み重ねてきた合理的な体の使い方を上手く応用して、無理のない移動を実現させましょう。今回は車イスから床への移動を行います。

 まず、介護者は立っている状態からではなく、片膝をついた状態からスタートです。相手の両膝の裏に自分の片膝を差し入れます。実はその動作をするだけで、大腿が上がり、腰を前方に引き出しやすい体勢になっています。

 そして、腕の差し入れ方ですが、まず、相手の両方の腋の下に右手を差し入れていきます。写真では見えていませんが、左手は骨盤全体を抱えています。ただ、腕だけで相手を抱えているわけではありません。先ほどの膝を差し入れていることで、通常よりも相手と自分の密着度が高まり、両者が一体となった体勢が作れるため、自分の動きをダイレクトに伝えやすくなり、結果として、相手の動きも引き出しやすくなります。

 双方の体勢が決まったところで車椅子の座面から相手を移動させます。 まず、相手の上半身を前傾させて臀部を軽く上げるようにします。すると、相手は介護者の膝の上に乗っている状態になります。そして、介護者はつま先を左右に振りながら車いすから相手を離していきます。すると、つま先がキャスターになったような感覚で楽に座面から移動ができるようになります。

 そこから、相手を垂直に下すと力任せになるばかりか、尻もちをつくように落としてしまうことにもつながりかねません。そこで、膝を内側に倒すことで、回転が起こり、らせんを描くように相手と一体となって座っていけるようになります。
一つ一つの動作を工夫することで、少しづつ負担が減り、介護をする方、受ける方、お互いにとって体にやさしい技術となっていきます。
※無理をすると体を痛めやすいので、少しでも負担を感じたらすぐにやめてください。

【1】被介助者の側面から膝裏へ介助者の膝を差し入れていく。

【2】両腋の下に介助者の手の甲を差し入れ、手の平に返して抱える。臀部も同様に抱える。

【3】つま先を小刻みに動かしながら座面から離していく。

【4】臀部を抱え、膝を折りながら下ろしていく。

【5】介助者の膝は内側に倒すことで、回転させながら下ろしていく。

 
監修:岡田 慎一郎 古武術介護の提唱者 岡田慎一郎公式サイト